最新ツールを使って、

最新ツールを使って、"イエナカ"コーヒーを手軽にグレードアップ

7月 01, 2020

本格ドリップはもう、簡単だ!

芳醇なドリップコーヒーを楽しむには、豆の量を正確に計算し、最適な温度やタイミングで湯を注ぎ、抽出する技術が欠かせない。そんなプロのテクニックを簡単に再現するツールが増えてきている。そのなかから注目すべき商品をピックアップした。

IoTコーヒーツール

一流のバリスタや焙煎士の技術を再現し、家にいながら極上のコーヒーを楽しむ。そんな夢のような世界を叶える3種の神器を紹介する。

 

3種類の抽出方法に対応したスマホと連携するドリッパー。スケールを内蔵し、最適なコーヒーの粉やお湯の量で抽出する。試したレシピはアプリに記録でき、世界中のユーザーのレシピにアクセスすることも可能だ。

『ドリップ』と『豆』にこだわるイエノミツールが豊作

高品質な豆を使い、ハンドドリップで丁寧に淹れる---。1990年代後半に始まったサードウェーブでは、そんな喫茶店のDNAともいえる『ドリップ』0の価値が再発見された。さらに豆の個性に着目する店が増えたことで、それまで主流だった深煎りに加え、豆の違いをより感じられる"浅煎り”が市民権を獲得。このように『ドリップ』と『豆』を追求したコーヒーショップが続々と登場したのだ。やがて流れは家庭にも浸透。近年では家庭で多彩な味を楽しもうと、豆やツールにこだわる人が増えてきている。そしてここ数年でコーヒーメーカーもいよいよ新時代に突入した。新しいコーヒーメーカーの大きな共通項は、飲む人の嗜好に合わせたカスタマイズ性が高いこと。時短が求められる昨今のライフスタイルに合わせ、操作はシンプルを極めながらも、味わいを個々の嗜好に合わせて微調整できたり、人気バリスタの味を再現できたりと、より自分好みの一杯を淹れらるようになった。つまり個人レベルで『豆』と『ドリップ』にこだわる時代、「フォースウェーブ」が登場したのだ。

----------------------------

quoted from GetNavi 06 2020

 



data-vc-ec-id = "3484389" data-vc-sales-number = "" data-vc-sales-amount = "" data-vc-order-id = "" data-vc-sales-name = "" data-vc-sales-tel = "" data-vc-sales-email = ""